注目されている木目金とは?

日本の伝統技術「杢目金」が今注目されています。

美しい文様が光る木目金

注目されている木目金とは?

現代からさかのぼること400年。

そんな昔からある伝統技術、なんだかわかりますか?

それは、今、リングなどでかなり人気となっている木目金なんです。

金属の色の違いをうまく利用し、木の木目のような文様を作り出す日本の伝統工芸。

それこそが木目金なのです。

日本独自の特殊な金属加工によって作られるこの文様はタガヤサン地、また露打とも呼ばれ、古くから伝承されてきた技術です。

通常、リングに利用するような技術ではなかったのですが、最近は、もっぱら、世界に一つしか作れないということで、リングなどのアクセサリーや贈答品、茶器、皿などの高級品に利用されています。

日本でも、かなりの知名度がありますが、海外の方からすると、日本的なこのデザインは繊細で、まさに「THE日本の伝統工芸品!」というものですから、日本人よりもより高い評価を寄せていることも多いと聞きます。

芸術品としても名高い木目金は、現在、指輪などのアクセサリーに利用されるようになり、より、身近な存在となっています。

というのも・・・もとは一般庶民には全く手の届くことのないものが、今は身近なものとなっているのです。

当時は武士たちが利用する刀道具に木目金の技術が利用されていました。

一部の人たちしか利用することのなかった日本の伝統品が、指輪などのアクセサリーとして世界的にも有名になっているということは、とても誇らしいことですね。